保育方針ABOUT

kids HAPPY = parents HAPPY

たくさんあそんで、かかわって。
その中であたらしいことをみつけて、自分をみつけていく。

子どもたちひとりひとりは、可能性を秘めた原石です。
色も違えば、形も違う、輝き方も違うからみんな素敵なのです。

doorsは人間形成の原点となる乳幼児期にひとりひとりの個性を認め
尊重することを大切にしています。

■元気でたくましく明るい子ども ■自分で考えて行動する子ども ■人を受入れる子ども

充実のサポート・サービスSUPPORT & SERVICE

「子どもがしっかり成長してるか心配、保育士に育児の悩みを相談したい・・・」
そんな保護者様をサポートする体制を整えております。
※詳しくはお問い合わせください。

  • 英語教育(English Lesson)
    英語教育(English Lesson)・知育・食育

    自然に英語が身につくネイティブ講師のレッスンを毎週公開中。コミュニケーションツールの一つとして楽しく学ぶことができます。

  • 手作り給食
    手作り給食

    栄養管理されているできたてのおいしい給食・おやつが食べられます。また食育を通して、旬な食材に触れ実際に食べることもできます。

  • 戸外活動
    戸外活動

    体力・運動能力の向上だけでなく、季節を感じることや自然物を何かに見立てることで、想像力、五感を刺激します。

  • 成長記録フォト
    成長記録フォト

    お子様の園での様子や成長を写真におさめ、保護者様にお渡しします。

  • ニュースレター
    ニュースレター

    毎月発行するニュースレターで、お子様の月の様子や行事について等お知らせします。

  • オムツ管理
    オムツ管理

    おむつをまとめてお持ちいただき、園で管理するサービスです。

  • 個人面談
    個人面談

    5月と11月に保護者様を対象に行い、園での様子や保育状況をご報告します。

  • 相談窓口
    相談窓口

    教育や育児に関する悩み事を保育士がサポートします。どんなことでもご相談下さい。

  • 緊急連絡
    緊急連絡

    お預かり中に事故や災害が発生した場合、必ず保護者様にご連絡します。

登園停止となる感染症について

園児が感染症にかかった場合は医師の診察を受け、学校保健安全法に定められた登園停止期間に従って、ご自宅で安静にしてください。
感染症の疑いがある場合には、スタッフの判断によりお預かりをお断りする場合があります。
治療後の登園につきましては、「登園許可証」の提出をお願いする場合もございますので、ご了承ください。

登園許可証ダウンロード

出席停止となる病気一覧

※厚生労働省「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」に基づき、下記のように定める。
出席停止となる病気 症状 期間の基準
第一種 エボラ出血、鳥インフルエンザ、ジフテリアなどの重要な感染症
第二種 インフルエンザ 高熱(39℃~40℃)、関節や筋肉の痛み、咳・鼻水・のどの痛みなど 発症した後5日を過ぎ、かつ熱が下がってから3日を過ぎるまで
百日咳 コンコンという短く激しい咳が続く 特有の咳が出なくなるまで、または6日間の抗生剤による治療が終わるまで
麻疹 発熱・鼻汁、目やに、発疹、くしゃみ 熱が下がった後4日を過ぎるまで
流行性耳下膜炎
(おたふくかぜ)
発熱、咳、喀血、喀痰、体重減少、疲労 耳下線、顎下線または舌下線が腫れて6日を過ぎ、かつ全身の状態がよくなるまで
風疹(3日はしか) 発熱、耳の前下部の腫れと痛み 発疹が消えるまで
結核 38℃前後の発熱、発疹、リンパ節の腫れ 医師により伝染のおそれがないと認められるまで
水痘(みずぼうそう) 発疹→水泡→かさぶた、軽い発疹 全ての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱
(プール熱)
38℃~40℃の発熱、のどの痛み、目やに、結膜の充血 主な症状が消えた後、3日を過ぎるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 頭痛、発熱と、首を動かしにくくなる硬直 医師により伝染のおそれがないと認められるまで
第三種 流行性角結膜炎 目の異物感、充血、まぶたの腫れ、目やに 医師により伝染のおそれがないと認められるまで
マイコプラズマ肺炎 発熱、乾性の激しい咳が続く、咽頭炎、胸部レントゲン陰影
溶連菌感染症など 発熱(39℃前後)、発疹、いちご舌、扁桃発赤など
ヘルパンギーナ 高熱(38℃~39℃)、のどの奥に白い小さな水泡疹
流行性嘔吐下痢症 突然の嘔吐、下痢を主症状とする